⾃治体向け 公共政策推進⽀援事業

  • 事業概要

    地方自治体向けのコンサルティングを行います。
    各種調査・分析や行政計画の策定支援、施策やプロジェクトの推進をサポートします。地方が活性化することが、雇用創出・社会保障充実につながると考えています。 特にEBPM(エビデンスに基づく正確企画立案)に強みがあります。また代表の自治体議員経験や、現職元職自治体職員のネットワークを生かした抜け目のない支援を行います。

  • 事業の基盤となるこれまでの取組み

    これまで多くの基礎自治体の行政計画策定にもコンサルタントとして関わり、福祉基本計画や子ども子育て支援計画、障害者福祉計画のほか観光振興基本計画や産業振興施策の企画立案にも従事し、受託元の自治体向けコンサルティング会社からは高い評価を頂いてきました。
    また、代表・藤井哲也が2011年から2019年まで議員を務めていた大津市議会は、2016年度~2018年度の3年間連続で地方議会改革度ランキングで全国第1位(町村除く)の評価を頂いてきました。この間、藤井は“地方自治法に基づく議決事件拡大・見直し”や“議会による行政評価”を提起するほか、議会運営委員、いじめ防止条例や議会BCPなどの政策検討委員として議会改革をけん引してきました。2013年度には「マニフェスト大賞グランプリ」を受賞しています。
    さらに2018年には専門職大学院である京都大学公共政策大学院を修了し、高い統計分析スキル、先端的な政策施策の企画立案や行政評価の知見、住民対話や意見集約手法などを習得しました。こうした専門性や先端知見を用いて、自治体が抱える様々な課題解決にコンサルタントとして取り組みます。

  • ご提供するサービス

    行政計画の策定支援

    • 強みや実績のある分野: 人口ビジョン&地方創生戦略、子ども子育て支援計画、福祉基本計画、市民協働計画、障害者福祉計画(自立支援含む)、観光振興基本計画など
    • 今後挑戦したい分野: 総合計画、オープンイノベーション関連計画、立地適正化や公共交通網形成計画(モビリティ関連含む)、歴史まちづくり関連計画、中小企業振興や新産業創出関連計画など

    行政評価制度の構築運用支援

    • 行政評価制度の見直し(総合計画の体系に従った政策と施策、事務事業の関連性強化や、運用面における仕組みのの構築・見直し、予算査定への活用の在り方の見直しなど)

    人事給与・評価制度の構築運用支援

    • 人事給与・評価制度の見直し(評価結果の処遇への反映、等級号俸等の見直し、人事評価に関する研修プログラムの策定など)
  • 事業に関連する代表 藤井による論文・単著・寄稿

pagetop

お問い合わせ

取材・原稿依頼・パシオへのお問い合わせはお電話かメールフォームにてお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

講演・執筆のご依頼について

メディア(紙・ウェブ)での記事執筆や、講演・セミナー・勉強会での講師を行っております。お気軽にご相談ください。

詳しくはこちら

メディア掲載実績

  • 京都新聞、日本経済新聞、産経新聞、毎日新聞、読売新聞など
  • テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」トレンドたまご

情熱的でかつ闘争心あふれるPASIO社長 藤井哲也ブログ

三縁の会

東洋経済ONLINE PTA・自治会などの社会活動をするべき理由

ページの上部に戻る